Contributors
Arts & Culture Science & Technology

《佐倉統のフィールドノート②》
韓国の仁川と日本の横浜が似ているという話
〜西洋近代化の尺度としての科学とオーケストラ〜

By Osamu Sakura

「仁川(インチョン)? まあ、日本の横浜みたいなところですね」──ぼくが仁川に行くと言うと、韓国の知り合いの誰もが異口同音にこう言った。港町だし、中華街あるし、と。そして、実際そうだった。

More
Life & Practice Media & Communication

大学生が語る「一人でやる」こと-会話型DSTの試み(4)

By Shinya Mizojiri

目白大学メディア学部溝尻ゼミ2年生(当時)が、2022年10月~12月に制作した会話型DST作品「なうどぅ」を紹介する本シリーズも今回が最後になった。最後に紹介するのは「一人○○」をテーマにした作品である。

More
Life & Practice Media & Communication

大学生が語る「東京」と「東京の外」-会話型DSTの試み(3)

By Shinya Mizojiri

前回に引き続き、目白大学メディア学部溝尻ゼミ2年生(当時)が、2022年10月~12月に制作した会話型DST作品「なうどぅ」を紹介したい。

More
Life & Practice Media & Communication

大学生が語るアルバイトのやりがい-会話型DSTの試み(2)

By Shinya Mizojiri

今回からは、会話型DSTを通して学生たちが実際に作った作品を紹介したい。

More
Life & Practice Media & Communication

「ただのお喋り」から何を感じ取るか?-会話型DSTの試み(1)

By Shinya Mizojiri

筆者は特にコロナ禍以降、声のデジタル・ストーリーテリング(DST)に取り組んできた。DSTとは日常生活を送る中で浮かんだふとした感情や、誰かに共感してほしい思いを、制作者とファシリテーターが協働しながら短いデジタル作品にしていくメディア表現ワークショップである。

More
Science & Technology

《佐倉統のフィールドノート①》
韓国には大人向けの科学技術館がない

By Osamu Sakura

今年(2023年)の4月から、サバティカルを利用して韓国に滞在している。こちらのAIやロボットに対するイメージを調査するためだ。

More
Arts & Culture Media & Communication

〈ライデン通信②〉デモとストライキと美術館

By Mariko Murata

コロナ禍による規制がなくなって以降、ヨーロッパはデモとストライキの季節に突入した。

More
Life & Practice Media & Communication

《日常のなかのデザイン日記 01》
多すぎる名古屋の貼り紙

By Masako Miyata

この4月で、名古屋に住みはじめて10年目になる。

…と書き出してから、「え、ホントに10年も経ったっけ?」と心配になってカレンダーを数え直してしまったが、どうやら本当に10年目を迎えたようだ。10年なんてあっという間だなと思うと同時に、名古屋に来た当初の気持ちをちょっと思い返してみたくなってきた。

More
Arts & Culture

ベトナム・ハノイ 2022滞在レポート
ー「距離(ディスタンス/インターバル)」を見直す時間(後編)

By Haruka Iharada

インドシナ半島に位置する東南アジア大陸部の国々は、河川を軸としてその多様で歴史ある文明を成立させてきたと言われているが、そうした水辺の世界にたとえるならば、コロナ前のベトナム、とりわけハノイには、雄大な大河ではなく、無数の、細く激しい水流がぶつかり合う、いわば奔流的文化が築かれていたように思う。

More